検索
  • Taeko

毎年チェルシーフラワーショーが終わるとイギリス中のガーデンセンターが賑わいます。

そしてハンギングバスケットのシーズン到来です。

さっそく今年のハンギングバスケットの苗の下調べに出かけました。

今年はいくつ作ろうかな?カラースキームは何にしようかな?などなど


チェルシーフラワーショウ開催中は、一日2回のテレビ放送はプレゼンターにより様々な角度でショーの作品やスタンドデザインが紹介されます。

アイディアがいっぱいで、つい試したくなるんですよね。

もちろん新品種の発表は皆待ちに待っている課題です

チェルシーの素晴らしいことは、どんな花もこのチェルシー開催日に一斉に開花させることです。そのため生産者たちは一年かけて悪戦苦闘するわけです。

本当に生産者の方々は、私の大事なベイビーがこんなにきれいに咲いています、みてくださいと誇っています。

写真は我が家の近くのガーデンセンターです。オーナーのポール氏は植物の神様みたいな方で、どんな質問にも穏やかにこたえてくれます。

  • Taeko

Wisteria藤の花は日本的なイメージもありますが、イギリスの建物にも似合う花です。毎年家の壁に沿って咲く藤の花を楽しんでいますが、今年は異常気候で近所でも咲く時期がまちまちでした

なんとカンタベリーの街角のカーパークの隣の教会の庭で見つけたんです。



それもこんなに美しい白の藤です。

青空とのコントラストに大満足


またまたカンタベリーに住んでいてよかったと感じた一瞬です。フラワーパークでなくそこいらの生活の中に咲いているからもっと魅力的に思うのでしょうかね

こんな美しい光景をシェアーできてうれしいです.

  • Taeko

wonkyとは傾いているとか変形しているとかの意味でよく使われます。

近頃はエコロジーの関係で?変形した野菜をウオンキーヴェジタブルとして安売りしているコーナーを設けているス―パーもあるんですよ


オールドタウンの一角

カンタベリーの街並みにはこのような古い建物がたくさんの残っています。この傾いたチューダー風の建物は今本屋さんとして使われています。中に入るとまるで飲みすぎたときのような錯覚に陥りバランスを失うことまあるんですよ  笑

こんな街でのんびり日光浴しながらランチもいいでしょ?幸せ!!


特注のガラス窓

ガラス窓一つも特注ですがそれでも建て替えないこだわりの建物と、こだわりのイギリス人?だからこそ歴史の町の重みがここにはあるのですよね。

この建物の前を通るたびに、まだ頑張って立ってるなと思いつつ、頑張れと声をかけています。笑


向かいの建物

ウオンキーハウスの向かいのこれまた古い建物は学校の正門です。

今は使われなくなった赤い電話ボックスが街のアクセサリーになっています。

映画のセットを自でいっていますよね。笑

この学校はカンタベリー大聖堂の敷地内にあります。こんなところで学んでみたかったな~



About Me

ビューティフルワールドを一緒に旅しましょう

 

Fresh Fallen Snow - Chris Haugen
00:00 / 00:00

© 2018 TMSF. Proudly created with Wix.com